MENU

日本伝統の家具

部屋

レトロ家具の復権

ちゃぶ台は、日本独特の座卓です。正方形や長方形、楕円形などもありますが、丸形のイメージが非常に強いです。昭和のイメージを色濃く残っています。戦後になって西洋風の生活スタイルが一般的になり、椅子式のダイニングテーブルが普及し始めると、ちゃぶ台への需要が減少していきました。しかし、最近になって、ちゃぶ台が昭和レトロなインテリアとして人気を集めています。一つには、シックな外見もありますが、使いたい時にだけ、置くことができますし、収納するときも折りたたむことができるという実用性が魅力になっています。しかし、折りたためるとは言え、実際に家具屋さんで購入して持って帰るのは大変です。配送してもらうと配送料が取られます。そこで、通販でちゃぶ台を購入するケースが増えています。重いちゃぶ台を持って帰らなくて済むというメリットもありますが、保証制度やアフターサービスが充実しているという点が大きなメリットです。家具は経年により味が出る反面、劣化もします。脚など比較的弱い部分が破損する場合もありますが、通販の保証制度により費用をかけずに修理を頼むことができます。保証期間を経過しても、有償での修理ができます。修理費用に加えて、手数料、商品の往復輸送料も発生しますが、長く使うことができます。日本の家具は、木材を使っていますので、長く使えば使うほど、色合いも変わり、味が出てきます。通販を利用することで、意外と知られているメリットを享受することができます。

PICK UP

ウーマン

昔ながらの雰囲気

ちゃぶ台は、部屋の雰囲気を柔らかく作り上げてくれるアイテムです。人数が急に増えた時などにも利用しやすく、また利用しない際には、脚俺のデザインのものを購入しておくことで、壁と壁の隙間などに収納できるので便利です。

室内

日本のライフスタイルに

ちゃぶ台は、移動や収納が簡単に出来て、使う人を選ばないとてもミニマルな日本伝統の万能家具です。昭和以前を懐かしむためではなく、現代の生活にこそフルに活かせる知恵と工夫が詰まったアイテムと言えるでしょう。

レディ

ポイントを押さえよう

ちゃぶ台は形状、脚が折りたたみできるかどうかなどの基準で選びます。ちゃぶ台の形には、円形や長方形などがあり、形状による長所短所があるので、慎重に検討する必要があります。また、使用する人数によって大きさが変わるため、何人で使うかも重要です。

和室

室内に和の雰囲気を

人気のあるちゃぶ台を初めて買うのであれば、自分がどんな用途で使うか検討しておくことが大切です。その上で目的を満たせるかどうか、サイズなどを確認して適したものを選ぶようにします。長く使いたいなら、価格が高いものなら安心です。