MENU

日本のライフスタイルに

室内

ミニマルに暮らす賢い選択

近年、年齢を問わずちゃぶ台の存在が見直されつつあるのは、日本人としてとても喜ばしいことかもしれませんね。ちゃぶ台は明治時代から一般の家庭にも登場するようになった座卓で、昭和の茶の間では特に親しみのあった家具です。今の世代では天板が丸いものを想像する人が多いようですが、実は丸く削り出すと木材の無駄が多くなるので、四角のほうが一般的だったようですね。いずれにしても、床に座って向かった時に絶妙な高さを持ち、食事や読み書きに一人で使っても、家族で団らんしても良いマルチな家具と言えます。ちゃぶ台の良さは、無駄なものは置かず用途に合わせて空間を自由に作り変える日本ならではの生活様式にとてもマッチしている点です。一般的なダイニングテーブルなどと違って容易に移動出来て、足を折りたたむとほとんど場所を取らずに収納出来ます。もともと日本家屋は、ふすまの開け閉めでスペースを大きく変えたり、押入れから布団を出してあっという間に居間を寝室に変えたりすることが出来る究極のミニマル空間です。例え部屋が多少狭くても、工夫次第で何通りにも空間を使うことが出来るわけですから、現代の若者のワンルームマンションなどにも活用出来る優れた家具と言えるでしょう。また、ちゃぶ台には上座も下座もなく、囲む人すべてを平等に近しくする程よい距離感があります。昭和以前を懐かしむためと言うよりは、今の生活にこそフル活用したい知恵が詰まったミニマルなアイテムと言えるかもしれませんね。

PICK UP

ウーマン

昔ながらの雰囲気

ちゃぶ台は、部屋の雰囲気を柔らかく作り上げてくれるアイテムです。人数が急に増えた時などにも利用しやすく、また利用しない際には、脚俺のデザインのものを購入しておくことで、壁と壁の隙間などに収納できるので便利です。

室内

日本のライフスタイルに

ちゃぶ台は、移動や収納が簡単に出来て、使う人を選ばないとてもミニマルな日本伝統の万能家具です。昭和以前を懐かしむためではなく、現代の生活にこそフルに活かせる知恵と工夫が詰まったアイテムと言えるでしょう。

レディ

ポイントを押さえよう

ちゃぶ台は形状、脚が折りたたみできるかどうかなどの基準で選びます。ちゃぶ台の形には、円形や長方形などがあり、形状による長所短所があるので、慎重に検討する必要があります。また、使用する人数によって大きさが変わるため、何人で使うかも重要です。

和室

室内に和の雰囲気を

人気のあるちゃぶ台を初めて買うのであれば、自分がどんな用途で使うか検討しておくことが大切です。その上で目的を満たせるかどうか、サイズなどを確認して適したものを選ぶようにします。長く使いたいなら、価格が高いものなら安心です。