MENU

ポイントを押さえよう

レディ

形を決めるのが最も重要

ちゃぶ台には、円形、正方形、長方形の3つの形状があるため、最初にどの形にするかを選ぶ必要があります。円形のちゃぶ台は、家電や家具など直線で構成されることが多いインテリアにおいて、丸いちゃぶ台の曲線がちょうどよいアクセントとなります。家族や友人同士で仲良く食卓を囲むのにも向いています。その一方で、正方形や長方形のちゃぶ台とくらべて、卓上のスペースを有効活用できないことや脚を折りたたんで片付けるときに、安定感に欠けることなどのデメリットもあります。正方形や長方形のちゃぶ台は、一人で使うのにも、複数人で使うのにも使い勝手がよい形状と言えるでしょう。脚を折りたたんで、立てかけても安定感があります。また、テーブルクロスの種類が豊富なので、好きな色や柄、素材のテーブルクロスを選びやすいのも魅力です。次に、脚が折りたたむことができるかどうかも重要です。食事をするときや来客があったときだけちゃぶ台を使用して、普段は仕舞っておく場合は、収納に便利な折りたたみ式のちゃぶ台を選ぶのがよいでしょう。常時、設置しておくのなら、安定感があり、頑丈で耐久性にも優れる固定脚のちゃぶ台を選ぶのがよいでしょう。ちゃぶ台の大きさは、使用する人数によって選ぶのが基本です。例えば、円形のちゃぶ台を一人で使用するつもりで購入するなら直径75cmから90cmの大きさ、2人で使用することが多ければ、最低でも直径1m以上のものを選ぶ必要があります。購入する前に、使用人数を確認しておきましょう。

PICK UP

ウーマン

昔ながらの雰囲気

ちゃぶ台は、部屋の雰囲気を柔らかく作り上げてくれるアイテムです。人数が急に増えた時などにも利用しやすく、また利用しない際には、脚俺のデザインのものを購入しておくことで、壁と壁の隙間などに収納できるので便利です。

室内

日本のライフスタイルに

ちゃぶ台は、移動や収納が簡単に出来て、使う人を選ばないとてもミニマルな日本伝統の万能家具です。昭和以前を懐かしむためではなく、現代の生活にこそフルに活かせる知恵と工夫が詰まったアイテムと言えるでしょう。

レディ

ポイントを押さえよう

ちゃぶ台は形状、脚が折りたたみできるかどうかなどの基準で選びます。ちゃぶ台の形には、円形や長方形などがあり、形状による長所短所があるので、慎重に検討する必要があります。また、使用する人数によって大きさが変わるため、何人で使うかも重要です。

和室

室内に和の雰囲気を

人気のあるちゃぶ台を初めて買うのであれば、自分がどんな用途で使うか検討しておくことが大切です。その上で目的を満たせるかどうか、サイズなどを確認して適したものを選ぶようにします。長く使いたいなら、価格が高いものなら安心です。